メニュー

M&A支援 | 株式会社エンブルー|太陽光発電、M&A、経営支援、銀行対策

株式会社エンブルー

03-6272-9517

株式会社エンブルー

事業内容

M&A支援

中堅・中小企業でのM&Aニーズの高まり

日本全国の社長の平均年齢は60歳前後となっており、そのうち70代以上は約20%、60代以上では約50%を占めております。日本は世界で最も高齢化が進んだ国として知られていますが、経営者の高齢化も起業の減少や事業継承の遅れを背景に、年を追って深刻化しています。

ほとんどの中堅・中小企業の経営者が自分の代での廃業を望んでいない中、親族に後継者が見当たらない場合はどのようなシナリオが想定されるでしょうか。

ma presage

親族以外への事業承継となると、相手は『社内の役職者』か『社外の第三者(M&A)』ということになります。
『社内の役職者』の場合、会社を買収できるほどの資金を持っておらず、自らを保証人としての金融機関からの資金調達力も乏しいケースが大半を占めます。

そのため、『社外の第三者 (M&A)』による事業承継は既に多くの会社で実行されていて、今後ますます増えていくものと想定されています。

ma jigyoshokei

 

こうした『後継者不在』以外にも、『創業者利潤の獲得』や『会社の一層の発展』、『事業領域の入れ替え』、『業績不振』など様々な理由で、M&Aを通じた会社売却を検討する企業が増えています。日本においてもM&Aが一般的な経営手法となる中で、買収を通じて飛躍的な事業拡大を果たした会社が増えてきています。

そうしたM&A経験を持つ会社は、更なる買収先を積極的に模索する傾向があるため、買い手候補となる企業も増加傾向にあります。

エンブルーの役割

大企業同士の数千億円規模のM&Aで経験を積んできた大手証券会社出身のメンバーが中心となって、M&Aのニーズが高まっている中堅・中小企業の案件に特化して、会計・法務などの専門家と連動しながら大企業の案件と同水準のサービスを総合的に提供しております。

売り手と買い手が満足できる条件で折り合いM&Aを成功に導けるよう、エンブルーはM&Aアドバイザー会社やPEファンド等との幅広いネットワークを構築しております。
エンブルーの役割

M&Aを通じた会社売却の経験を持つ中堅・中小企業の経営者は多くないため、特に売り手側のクライアントから、誰にどんな相談をすればよいか分からないというお話を多く伺います。
エンブルーは、会社を売却したいというご相談を頂いたクライアントに対しても、M&Aの成約ありきではなく、経営支援を通じた事業再生や、一部事業の撤退・売却、金融機関からの債務免除などの選択肢を十分に検討した上で、最適解をご提案させていただいております。